鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

ウルグアイFWスアレスはシュートの引き出しの多さが真骨頂

公開日: 更新日:

 相手ゴール前で「ゴールの匂いを嗅ぎ取る能力の高さ」に関しては、ロシアW杯出場32カ国のストライカーの中でトップと言ってもいいだろう。

 中盤からドリブルなどでボールを運び、シュートに持ち込むタイプではない。相手ゴール前でスルーパスを受けやすい場所、ボールがこぼれてきそうな場所、シュートを打ちやすい場所を瞬時に見極め、そのエリアに移動したと思ったら、ゴールの枠内にダイレクトで流し込む。これがFWスアレスの真骨頂だ。3回目のW杯を初めてオーバー30で迎える。

 しかし、フィジカル的な衰えは感じさせない。

 バルセロナのレギュラーFWとして国内リーグと欧州CLをこなし、この得難い舞台を通してシュートまでの新たな道筋が、次々にインプットされていく。

 豊富な経験値に裏打ちされた「引き出しの多さ」こそが、大きな財産なのである。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る