予想覆す勝ち点4 日本快進撃の背景にコーチ陣と岡田元監督

公開日:

 ロシアW杯1次リーグH組で西野朗監督(63)率いる日本代表が2戦目の相手セネガルと引き分けて勝ち点を4に伸ばし、これで3戦目のポーランド戦(日本時間28日午後11時キックオフ)が「引き分け以上」で決勝トーナメント進出が決まる。

「エースFWマネを含めてセネガルの主力選手全員が100%の力を出し切れなかった。試合を通してボールウオッチャーになって日本人選手のマークを外したり、集中力を欠いて攻守の連動を崩す場面が見られ、総体的に日本有利の局面が多くなった。日本にとっては初戦のコロンビア戦に続き、ラッキーにも恵まれました」(現地取材中の元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

 ちなみにポーランドは日本―セネガル戦後に行われたコロンビア戦(25日午前3時キックオフ)を0―3で落とし、開幕2連敗となって1次リーグ敗退が決まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る