崖っぷちアルゼンチンに内紛か 監督解任騒動に主力の喧嘩

公開日:

 アイスランド戦を引き分け、クロアチア戦に完敗、いまだ白星なしで1次リーグ突破が危ぶまれているアルゼンチンの内紛はとどまるところを知らない。

 コトの発端は21日のクロアチア戦後に露呈したサンパオリ監督(58)と主力選手の確執だ。敗因を語ったサンパオリ監督について、FWアグエロ(30)が「言いたいことを言わせておけ」と発言。これを受けて複数のメディアは選手たちがサッカー協会に監督解任を要求していると報じた。代表幹部は「誤報」と事態の沈静化を図ったものの、騒動は収まりそうにない。

 25日の英メディアによれば、サッカー協会のタピア会長はサンパオリ監督を支持。W杯期間中は指揮を執り続けることになり、アグエロは26日のナイジェリア戦を欠場する見込みだという。つまり公然と反旗を翻した主力をベンチスタートにするということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る