V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

公開日: 更新日:

 V候補アルゼンチンが44年ぶりのW杯開幕2戦勝ち星なしの屈辱にまみれ、16年ぶりの1次リーグ敗退の危機だ。

 2014年ブラジル大会準優勝のアルゼンチンは、ロシアW杯1次リーグD組の初戦でアイスランドと対戦。エースMFメッシ(30=バルセロナ)のPK失敗が響き、まさかの1―1ドロー発進となった。そして迎えた2戦目(日本時間22日午前3時開始)。相手は初戦勝利のクロアチア。この日勝てば、決勝トーナメント進出が確定する。

 序盤から初白星を狙ったアルゼンチンが攻勢をかけるが、一人の選手が“頑張り過ぎて”攻守のバランスを崩してしまった。大黒柱のメッシだ。

 チームの攻撃の全権を任され、守備は免除されているメッシだが、PK失敗の責任を感じているのだろう。いつもは足元にボールが入ってドリブルするまで、チンタラ歩き回っているくせに開始直後から強烈プレスを掛けたり、激突しながらルーズボールを奪いに行ったり、ほとんど別人のような動きだった。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る