V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

公開日: 更新日:

 V候補アルゼンチンが44年ぶりのW杯開幕2戦勝ち星なしの屈辱にまみれ、16年ぶりの1次リーグ敗退の危機だ。

 2014年ブラジル大会準優勝のアルゼンチンは、ロシアW杯1次リーグD組の初戦でアイスランドと対戦。エースMFメッシ(30=バルセロナ)のPK失敗が響き、まさかの1―1ドロー発進となった。そして迎えた2戦目(日本時間22日午前3時開始)。相手は初戦勝利のクロアチア。この日勝てば、決勝トーナメント進出が確定する。

 序盤から初白星を狙ったアルゼンチンが攻勢をかけるが、一人の選手が“頑張り過ぎて”攻守のバランスを崩してしまった。大黒柱のメッシだ。

 チームの攻撃の全権を任され、守備は免除されているメッシだが、PK失敗の責任を感じているのだろう。いつもは足元にボールが入ってドリブルするまで、チンタラ歩き回っているくせに開始直後から強烈プレスを掛けたり、激突しながらルーズボールを奪いに行ったり、ほとんど別人のような動きだった。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る