優勝誓う新大関・栃ノ心 モンゴル勢より怖い“本当の敵”

公開日: 更新日:

「(名前の)字が大きくなってうれしいね。(凱旋帰国は)楽しかったよ。今度は優勝したい」

 満面の笑みでこう話すのが、新大関の栃ノ心(30)だ。

 25日に発表された7月場所(名古屋)の新番付。栃ノ心は5月場所後に昇進を果たし、晴れて西の大関として土俵に上がることになる。

 そんな新大関にとって、最大の敵になるのがモンゴル勢……というわけではない。確かに彼らも強敵だが、何よりも懸念されるのが自身の腕力だ。

 無双の怪力を誇る栃ノ心は、つりを得意としている。しかし、平幕だった2013年に180キロの巨漢、徳勝龍をつった際、右ヒザの前十字靱帯を断裂。長期離脱を余儀なくされ、一時は幕下まで転落した。

 当時よりは相撲もうまくなっているものの、こと大関となれば、そのプレッシャーは平幕とはケタ違い。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)も、「大関は常に優勝に絡まなきゃいけない」と話している。勝ち急ぐあまり、無理な体勢からつって、再び足を痛めようものなら悲劇の再現。年齢も30歳だけに、大ケガは致命傷になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る