• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

優勝誓う新大関・栃ノ心 モンゴル勢より怖い“本当の敵”

「(名前の)字が大きくなってうれしいね。(凱旋帰国は)楽しかったよ。今度は優勝したい」

 満面の笑みでこう話すのが、新大関の栃ノ心(30)だ。

 25日に発表された7月場所(名古屋)の新番付。栃ノ心は5月場所後に昇進を果たし、晴れて西の大関として土俵に上がることになる。

 そんな新大関にとって、最大の敵になるのがモンゴル勢……というわけではない。確かに彼らも強敵だが、何よりも懸念されるのが自身の腕力だ。

 無双の怪力を誇る栃ノ心は、つりを得意としている。しかし、平幕だった2013年に180キロの巨漢、徳勝龍をつった際、右ヒザの前十字靱帯を断裂。長期離脱を余儀なくされ、一時は幕下まで転落した。

 当時よりは相撲もうまくなっているものの、こと大関となれば、そのプレッシャーは平幕とはケタ違い。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)も、「大関は常に優勝に絡まなきゃいけない」と話している。勝ち急ぐあまり、無理な体勢からつって、再び足を痛めようものなら悲劇の再現。年齢も30歳だけに、大ケガは致命傷になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る