松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

大関昇進・栃ノ心の異名“ニンゲンキジュ~キ”が分からん?

公開日: 更新日:

 夏場所前、栃ノ心が大関に昇進するのは間違いないだろうと予想して、尾車親方が「我々の時代に、ニンゲンキジュ~キ、ミョウ~ブダニというヒトがいましたが、栃ノ心は現代のニンゲンキジュ~キですね」と言った。

 わけ分かんねえ? 若いもんに教えてやる。

「明武谷」! ソップ形のな! ん~だから相撲の体形だよ。アンコ形というのはダヨダヨ、ま、デブだデブ。その逆でソップ形ってのは背が高い、体脂肪の少ねえ筋肉系でな。明武谷というのは、ソップのビナンだったんだ。ビナンが分からん? だから、いい男だったんだよ。「やだあ、ウチらの世界じゃ、そういうのスジ筋イケメンって言うのよ!」うるせえばかやろう。いちいち通訳が要るんか相撲は!

 ニンゲンキジュ~キが分からん? だから起重機だよ。クレーンだよ。昔はクレーンを起重機と呼んだってガッコで教えてクレーンかったか? そうか……まあいい。ソップの明武谷ってのはニンゲン起重機という異名があったんだ。起重機というのはガ~ッてエンジンでものを持ち上げるだろ。それを人間がやったんだ。建設労働に従事していた方? 分からんやつだな、相撲取りだよ! 起重機のように相手を吊り上げるやつだったんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る