松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

大関昇進・栃ノ心の異名“ニンゲンキジュ~キ”が分からん?

公開日:

 夏場所前、栃ノ心が大関に昇進するのは間違いないだろうと予想して、尾車親方が「我々の時代に、ニンゲンキジュ~キ、ミョウ~ブダニというヒトがいましたが、栃ノ心は現代のニンゲンキジュ~キですね」と言った。

 わけ分かんねえ? 若いもんに教えてやる。

「明武谷」! ソップ形のな! ん~だから相撲の体形だよ。アンコ形というのはダヨダヨ、ま、デブだデブ。その逆でソップ形ってのは背が高い、体脂肪の少ねえ筋肉系でな。明武谷というのは、ソップのビナンだったんだ。ビナンが分からん? だから、いい男だったんだよ。「やだあ、ウチらの世界じゃ、そういうのスジ筋イケメンって言うのよ!」うるせえばかやろう。いちいち通訳が要るんか相撲は!

 ニンゲンキジュ~キが分からん? だから起重機だよ。クレーンだよ。昔はクレーンを起重機と呼んだってガッコで教えてクレーンかったか? そうか……まあいい。ソップの明武谷ってのはニンゲン起重機という異名があったんだ。起重機というのはガ~ッてエンジンでものを持ち上げるだろ。それを人間がやったんだ。建設労働に従事していた方? 分からんやつだな、相撲取りだよ! 起重機のように相手を吊り上げるやつだったんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る