初勝利かけドイツ戦 韓国が残しそうな“不名誉な記録”とは

公開日: 更新日:

 2大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指しながら、ここまで2敗で1次リーグ敗退が濃厚な韓国。最終戦は前回王者のドイツと対するが、今大会の戦いぶりを見ても、格上からの金星を挙げるのは至難の業だ。申台竜監督は「1%のチャンス。小さな希望だが、好機を見いだしたい」と話しているものの、不名誉な記録を残してロシアを後にしそうだ。

 何しろ、韓国はここまで2試合の反則が47個。3戦を終えたモロッコ(62個)、クロアチア(55個)、ロシア(51個)に次いでワースト4位だ。初戦のスウェーデン戦で23個、2戦目のメキシコ戦では今大会最多の24個。このペースならモロッコを抜いて1次リーグペナルティー数のワーストになる可能性がある。

■前回王者と最終戦

 相手のドイツは決勝トーナメント進出に勝利が絶対条件。MFクロース(28=Rマドリード)を中心に怒涛の攻撃で韓国ゴールを奪いにくるのは明らか。韓国のエースMF孫興民(25=トットナム)は今大会初勝利に向け「諦めない。最善を尽くす」と悲壮な決意を見せており、反則覚悟でドイツ攻撃陣を止めにいくはずだ。

 メキシコ戦では肘打ちや危険なスライディングが少なくなかった。ドイツのスター選手たちも韓国のラフプレーに苦しめられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る