• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初勝利かけドイツ戦 韓国が残しそうな“不名誉な記録”とは

 2大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指しながら、ここまで2敗で1次リーグ敗退が濃厚な韓国。最終戦は前回王者のドイツと対するが、今大会の戦いぶりを見ても、格上からの金星を挙げるのは至難の業だ。申台竜監督は「1%のチャンス。小さな希望だが、好機を見いだしたい」と話しているものの、不名誉な記録を残してロシアを後にしそうだ。

 何しろ、韓国はここまで2試合の反則が47個。3戦を終えたモロッコ(62個)、クロアチア(55個)、ロシア(51個)に次いでワースト4位だ。初戦のスウェーデン戦で23個、2戦目のメキシコ戦では今大会最多の24個。このペースならモロッコを抜いて1次リーグペナルティー数のワーストになる可能性がある。

■前回王者と最終戦

 相手のドイツは決勝トーナメント進出に勝利が絶対条件。MFクロース(28=Rマドリード)を中心に怒涛の攻撃で韓国ゴールを奪いにくるのは明らか。韓国のエースMF孫興民(25=トットナム)は今大会初勝利に向け「諦めない。最善を尽くす」と悲壮な決意を見せており、反則覚悟でドイツ攻撃陣を止めにいくはずだ。

 メキシコ戦では肘打ちや危険なスライディングが少なくなかった。ドイツのスター選手たちも韓国のラフプレーに苦しめられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る