初勝利かけドイツ戦 韓国が残しそうな“不名誉な記録”とは

公開日:

 2大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指しながら、ここまで2敗で1次リーグ敗退が濃厚な韓国。最終戦は前回王者のドイツと対するが、今大会の戦いぶりを見ても、格上からの金星を挙げるのは至難の業だ。申台竜監督は「1%のチャンス。小さな希望だが、好機を見いだしたい」と話しているものの、不名誉な記録を残してロシアを後にしそうだ。

 何しろ、韓国はここまで2試合の反則が47個。3戦を終えたモロッコ(62個)、クロアチア(55個)、ロシア(51個)に次いでワースト4位だ。初戦のスウェーデン戦で23個、2戦目のメキシコ戦では今大会最多の24個。このペースならモロッコを抜いて1次リーグペナルティー数のワーストになる可能性がある。

■前回王者と最終戦

 相手のドイツは決勝トーナメント進出に勝利が絶対条件。MFクロース(28=Rマドリード)を中心に怒涛の攻撃で韓国ゴールを奪いにくるのは明らか。韓国のエースMF孫興民(25=トットナム)は今大会初勝利に向け「諦めない。最善を尽くす」と悲壮な決意を見せており、反則覚悟でドイツ攻撃陣を止めにいくはずだ。

 メキシコ戦では肘打ちや危険なスライディングが少なくなかった。ドイツのスター選手たちも韓国のラフプレーに苦しめられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る