二軍で上々デビュー 阪神がすがる新助っ人ナバーロの欠点

公開日: 更新日:

 一軍昇格前から「救世主」扱いである。

 26日、阪神の新助っ人ナバーロ(32=前カブス傘下3A、左打ち左投げ)が二軍で実戦デビュー。「3番中堅」で出場し、2四球を含む3打数1安打2打点と、初安打初打点をマークした。

 阪神は期待したロサリオが不振で二軍調整中。一塁も守れるナバーロは一軍に上がれば主軸を任されるだろうが、戦力になるのか。

■実戦デビュー戦で初安打初打点

 スポーツライターの友成那智氏が言う。

「2007年のドラフト50巡目でエンゼルスに入団。メジャー全体で1453人中、1450位という低い評価からメジャーデビューを果たした苦労人です。長所は左投手を苦にしないこと。今季は3Aで48試合に出場し、打率.310、4本塁打、29打点。左投手からは4割以上打っている。選球眼も良く、出塁率は.386の好成績です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  8. 8

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る