新助っ人は刺激になるか 虎ロサリオが抱える決定的“欠陥”

公開日: 更新日:

 メジャー経験があり、日本でも成功した右打ちの外国人選手の話だ。

 来日1年目、日本の投手の徹底した内角攻めに手を焼いた。内角を意識し過ぎるあまり、外角の変化球にも対応できない。

 当時の打撃コーチがこう言った。

「内角ばかり攻められてもひっぱり一辺倒。日本のバッテリーの組み立てにまったく対応できなかった。そのとき、普段はあまり選手に助言をしない監督が『もっと日本の野球に対応できるようにならないとダメだぞ』と言ったんだ。それが効果的だったのか、自分を含めた打撃コーチが指摘していた『ヒジをたため』『センターからライト方向への意識を持て』ということを試合で実践できるようになった。もちろん技術もそうだけど、メジャーのプライドもある中で、どれだけ日本の野球に対応する意欲があるかどうかが大事なんじゃないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る