新助っ人は刺激になるか 虎ロサリオが抱える決定的“欠陥”

公開日:

 メジャー経験があり、日本でも成功した右打ちの外国人選手の話だ。

 来日1年目、日本の投手の徹底した内角攻めに手を焼いた。内角を意識し過ぎるあまり、外角の変化球にも対応できない。

 当時の打撃コーチがこう言った。

「内角ばかり攻められてもひっぱり一辺倒。日本のバッテリーの組み立てにまったく対応できなかった。そのとき、普段はあまり選手に助言をしない監督が『もっと日本の野球に対応できるようにならないとダメだぞ』と言ったんだ。それが効果的だったのか、自分を含めた打撃コーチが指摘していた『ヒジをたため』『センターからライト方向への意識を持て』ということを試合で実践できるようになった。もちろん技術もそうだけど、メジャーのプライドもある中で、どれだけ日本の野球に対応する意欲があるかどうかが大事なんじゃないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る