山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神・藤浪が1年以上ぶり白星 ファンは黙って期待するのみ

公開日:

 阪神・藤浪晋太郎が1年以上ぶりの白星を手にした。本当に、本当にここまで長かった。阪神ファンとしての私の心情を素直に吐露すると、それはもう「うれしい」しかない。もちろん、この白星ですべてが解決したわけではないと重々承知しているのだが、今はひとまず藤浪の前進を喜びたい、喜びに浸りたい。

 近年の藤浪の不振については、これまでさまざまな専門家や関係者、有識者などが独自の見解を発信してきた。やれイップス(メンタル)が原因だとか、やれメンタルではなくフォーム(技術)の問題だとか、そのフォームについてはインステップを矯正したのが悪かったとか、その他には、走り込み不足、練習態度や性格の問題、金本知憲監督との相性が悪い、投手コーチとの信頼関係が築けていない、そもそも阪神の球団体質と合っていない、阪神ファンや阪神マスコミの騒々しさも一因だ、などなど本当に多様な、そして玉石混交の言説が飛び交っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る