• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

燕助っ人連日の“二刀流” 開幕5連勝カラシティーは打率4割

 ヤクルトに次々と“二刀流”が誕生だ。

 前日、先発ブキャナンが投げては5安打1失点で完投。打っても2安打1打点で6勝目(4敗)を挙げた。昨27日はカラシティーが6回6安打1失点の好投。バットでも三、五回にヒットを放った。

 初戦はブキャナンの安打が得点につながったが、この日のカラシティーの2安打も打線の爆発を招き、中押し、ダメ押し点に結びついた。打席数が少ないとはいえ、カラシティーの打率は4割だ。

「先に点を取ってもらいしっかりと抑えられた。(ヒットは)試合前にブキャナンに前日の2安打を自慢されたので、(自分も)打ってやろうと思った」とカラシティー。

 ブキャナンはもともとバッティングが好き。26日の登板の前日もマシン打撃で打ち込みをしている。カラシティーも高校時代から投手をしていただけでなく、身体能力の高さも評価されていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る