ベンチ温めたポーランド戦後 本田圭佑“監督目線”で独演会

公開日: 更新日:

「結果が大事。予選通過が目的だった。出ていた選手には少し酷な部分もあるけど、非常にポジティブな結果だった」

 そうポーランド戦を総括したのは本田圭佑(32=パチューカ)だ。

 ブーイングの余韻が残る試合会場で、本田は「西野さんはリスクを取りにいった。個人的には、素晴らしい采配だったと思う。僕が監督でも、この采配はできなかった。結果がすべて。西野さんはすごい」と指揮官を大絶賛。ポーランド戦前、自身がメンバーの変更に言及した通り、監督がスタメン6人替え。これも「査定アップ」に反映されたようだ。

 もっとも、本田としては「自分をスタメンに入れろ」という意味だったはず。1次リーグ2試合とも後半途中からの出場。この日は96分間、ベンチを温め続けた。

 その不満からか、「サッカーはエンターテインメント。結果主義ではダメだと僕はずっと思っている。結果を出さないと誰もオレの発言を聞いてくれないので、結果だけを追い求めているけど、本当はダメ。いいサッカーをしてナンボ」と前言を翻し、真逆のサッカー美学について独演。

 監督目線の男は決勝トーナメントでどんな采配を見せるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  5. 5

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  6. 6

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  7. 7

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  10. 10

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

もっと見る