• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベンチ温めたポーランド戦後 本田圭佑“監督目線”で独演会

「結果が大事。予選通過が目的だった。出ていた選手には少し酷な部分もあるけど、非常にポジティブな結果だった」

 そうポーランド戦を総括したのは本田圭佑(32=パチューカ)だ。

 ブーイングの余韻が残る試合会場で、本田は「西野さんはリスクを取りにいった。個人的には、素晴らしい采配だったと思う。僕が監督でも、この采配はできなかった。結果がすべて。西野さんはすごい」と指揮官を大絶賛。ポーランド戦前、自身がメンバーの変更に言及した通り、監督がスタメン6人替え。これも「査定アップ」に反映されたようだ。

 もっとも、本田としては「自分をスタメンに入れろ」という意味だったはず。1次リーグ2試合とも後半途中からの出場。この日は96分間、ベンチを温め続けた。

 その不満からか、「サッカーはエンターテインメント。結果主義ではダメだと僕はずっと思っている。結果を出さないと誰もオレの発言を聞いてくれないので、結果だけを追い求めているけど、本当はダメ。いいサッカーをしてナンボ」と前言を翻し、真逆のサッカー美学について独演。

 監督目線の男は決勝トーナメントでどんな采配を見せるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る