• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベンチ温めたポーランド戦後 本田圭佑“監督目線”で独演会

「結果が大事。予選通過が目的だった。出ていた選手には少し酷な部分もあるけど、非常にポジティブな結果だった」

 そうポーランド戦を総括したのは本田圭佑(32=パチューカ)だ。

 ブーイングの余韻が残る試合会場で、本田は「西野さんはリスクを取りにいった。個人的には、素晴らしい采配だったと思う。僕が監督でも、この采配はできなかった。結果がすべて。西野さんはすごい」と指揮官を大絶賛。ポーランド戦前、自身がメンバーの変更に言及した通り、監督がスタメン6人替え。これも「査定アップ」に反映されたようだ。

 もっとも、本田としては「自分をスタメンに入れろ」という意味だったはず。1次リーグ2試合とも後半途中からの出場。この日は96分間、ベンチを温め続けた。

 その不満からか、「サッカーはエンターテインメント。結果主義ではダメだと僕はずっと思っている。結果を出さないと誰もオレの発言を聞いてくれないので、結果だけを追い求めているけど、本当はダメ。いいサッカーをしてナンボ」と前言を翻し、真逆のサッカー美学について独演。

 監督目線の男は決勝トーナメントでどんな采配を見せるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る