父親がW杯中に誘拐される…ナイジェリア主将ミケルの悲劇

公開日:

 W杯期間中の6月26日に父親が誘拐されていたのがナイジェリアのキャプテン、MFミケル(31=天津泰達、写真・ロイター)だ。

 同日に行われたアルゼンチン戦の4時間前、本人のもとに犯行グループから身代金を要求する連絡が入ったが、何しろ勝てば決勝T進出が決まる1次リーグ最終戦。混乱を避けるため周囲には相談できないし、キャプテンが試合に出ないわけにもいかない。ひとり重い事実を背負いながらフル出場したものの、アルゼンチンに敗れ、決勝T進出を逃した。身代金約300万円を払い、6日後の7月2日に父親が無事解放されたのはせめてもの救いか。

 ナイジェリアでは著名人や金持ちの家族が誘拐される事件が多発している。ミケルは18歳のときにマンUとチェルシーが争奪戦を繰り広げたスター選手、17年の年俸は10億円強。父親は7年前にも誘拐されているが、稼いでいるがゆえの悲劇というしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る