• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

父親がW杯中に誘拐される…ナイジェリア主将ミケルの悲劇

 W杯期間中の6月26日に父親が誘拐されていたのがナイジェリアのキャプテン、MFミケル(31=天津泰達、写真・ロイター)だ。

 同日に行われたアルゼンチン戦の4時間前、本人のもとに犯行グループから身代金を要求する連絡が入ったが、何しろ勝てば決勝T進出が決まる1次リーグ最終戦。混乱を避けるため周囲には相談できないし、キャプテンが試合に出ないわけにもいかない。ひとり重い事実を背負いながらフル出場したものの、アルゼンチンに敗れ、決勝T進出を逃した。身代金約300万円を払い、6日後の7月2日に父親が無事解放されたのはせめてもの救いか。

 ナイジェリアでは著名人や金持ちの家族が誘拐される事件が多発している。ミケルは18歳のときにマンUとチェルシーが争奪戦を繰り広げたスター選手、17年の年俸は10億円強。父親は7年前にも誘拐されているが、稼いでいるがゆえの悲劇というしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る