• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

父親がW杯中に誘拐される…ナイジェリア主将ミケルの悲劇

 W杯期間中の6月26日に父親が誘拐されていたのがナイジェリアのキャプテン、MFミケル(31=天津泰達、写真・ロイター)だ。

 同日に行われたアルゼンチン戦の4時間前、本人のもとに犯行グループから身代金を要求する連絡が入ったが、何しろ勝てば決勝T進出が決まる1次リーグ最終戦。混乱を避けるため周囲には相談できないし、キャプテンが試合に出ないわけにもいかない。ひとり重い事実を背負いながらフル出場したものの、アルゼンチンに敗れ、決勝T進出を逃した。身代金約300万円を払い、6日後の7月2日に父親が無事解放されたのはせめてもの救いか。

 ナイジェリアでは著名人や金持ちの家族が誘拐される事件が多発している。ミケルは18歳のときにマンUとチェルシーが争奪戦を繰り広げたスター選手、17年の年俸は10億円強。父親は7年前にも誘拐されているが、稼いでいるがゆえの悲劇というしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る