父親がW杯中に誘拐される…ナイジェリア主将ミケルの悲劇

公開日:

 W杯期間中の6月26日に父親が誘拐されていたのがナイジェリアのキャプテン、MFミケル(31=天津泰達、写真・ロイター)だ。

 同日に行われたアルゼンチン戦の4時間前、本人のもとに犯行グループから身代金を要求する連絡が入ったが、何しろ勝てば決勝T進出が決まる1次リーグ最終戦。混乱を避けるため周囲には相談できないし、キャプテンが試合に出ないわけにもいかない。ひとり重い事実を背負いながらフル出場したものの、アルゼンチンに敗れ、決勝T進出を逃した。身代金約300万円を払い、6日後の7月2日に父親が無事解放されたのはせめてもの救いか。

 ナイジェリアでは著名人や金持ちの家族が誘拐される事件が多発している。ミケルは18歳のときにマンUとチェルシーが争奪戦を繰り広げたスター選手、17年の年俸は10億円強。父親は7年前にも誘拐されているが、稼いでいるがゆえの悲劇というしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  10. 10

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

もっと見る