劇的逆転で突破も…アルゼンチンが露呈した決勝Tへの不安

公開日:

 崖っぷちのアルゼンチンが、終了間際の超絶ボレーシュートで1次リーグD組の突破を決めた。

 1分け1敗でナイジェリア戦に臨んだアルゼンチン(日本時間27日午前3時キックオフ)。決勝トーナメントに進むには「勝って勝ち点3」が必須条件。序盤から攻勢をかけ、前半14分にエースFWメッシ(30=バルセロナ)が、天下一品のシュートを決めてみせた。

 相手ゴール前で自陣左サイド後方からのミドルパスを左足太ももでトラップ。ボールの勢いを完全に殺した後、ボールがピッチに落ちる前に左足の甲で「相手DFの足が届かない」場所に置いてドリブル。そして「利き足ではない」右足を振り抜くと左サイドネットにズバッと突き刺した。

 前半は「堅く守って中盤でしっかりとボールを保持してメッシの得点力を生かす――というゲームプラン通りの戦い方だった」(ドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏)が、後半4分にMFマスケラーノ(34=河北華夏)がPKを献上。1―1の同点に追いつかれるとアルゼンチン選手は浮足立って攻守のバランスを崩し、ナイジェリアに攻め込まれるシーンが増えていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る