3度目の頭部死球で抹消 燕・青木は脳しんとう後遺症が心配

公開日:

 6月30日の阪神戦で頭部死球を受けたヤクルトの青木(36)が、4日の広島戦を2試合連続で欠場。脳震とうの特例措置で5日に登録抹消されることになった。この日はスタメン復帰する見込みで打撃練習を行っていたが、守備練習をした際に、頭がフラフラしたという。

 青木といえば、米ジャイアンツ時代の15年8月9日のカブス戦で148キロのストレートが今回と同じ右側頭部を直撃。MLBの「脳震とうテスト」をクリアし、3日後には復帰したものの、不調を訴えて途中交代。7日間のDLに入った。その後、症状は改善したかに見えたが、9月に入って起床した際に胸が苦しくなるなど再び異変を来し、後遺症に悩まされた。

「青木はメジャー移籍前の09年にも後頭部に死球を受け、時折めまいに見舞われながらも、強行出場し続けたことがある。青木のタフな精神力もさることながら、その当時はまだ、診断で異常がなければ問題なしとされ、頭部死球による後遺症に配慮する意識は今より低かった」(ヤクルトOB)

 過去にはメジャー屈指の好打者だったモルノー(ツインズなど)が05年に頭部死球を受け、10年には走者として二塁クロスプレーの際に頭部を打撲。その後は守備の最中に症状がぶり返すなど、後遺症に悩まされ続けた。青木不在はヤクルトにとって痛いことは間違いないが、何より青木の体が心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る