3度目の頭部死球で抹消 燕・青木は脳しんとう後遺症が心配

公開日:

 6月30日の阪神戦で頭部死球を受けたヤクルトの青木(36)が、4日の広島戦を2試合連続で欠場。脳震とうの特例措置で5日に登録抹消されることになった。この日はスタメン復帰する見込みで打撃練習を行っていたが、守備練習をした際に、頭がフラフラしたという。

 青木といえば、米ジャイアンツ時代の15年8月9日のカブス戦で148キロのストレートが今回と同じ右側頭部を直撃。MLBの「脳震とうテスト」をクリアし、3日後には復帰したものの、不調を訴えて途中交代。7日間のDLに入った。その後、症状は改善したかに見えたが、9月に入って起床した際に胸が苦しくなるなど再び異変を来し、後遺症に悩まされた。

「青木はメジャー移籍前の09年にも後頭部に死球を受け、時折めまいに見舞われながらも、強行出場し続けたことがある。青木のタフな精神力もさることながら、その当時はまだ、診断で異常がなければ問題なしとされ、頭部死球による後遺症に配慮する意識は今より低かった」(ヤクルトOB)

 過去にはメジャー屈指の好打者だったモルノー(ツインズなど)が05年に頭部死球を受け、10年には走者として二塁クロスプレーの際に頭部を打撲。その後は守備の最中に症状がぶり返すなど、後遺症に悩まされ続けた。青木不在はヤクルトにとって痛いことは間違いないが、何より青木の体が心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る