• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3度目の頭部死球で抹消 燕・青木は脳しんとう後遺症が心配

 6月30日の阪神戦で頭部死球を受けたヤクルトの青木(36)が、4日の広島戦を2試合連続で欠場。脳震とうの特例措置で5日に登録抹消されることになった。この日はスタメン復帰する見込みで打撃練習を行っていたが、守備練習をした際に、頭がフラフラしたという。

 青木といえば、米ジャイアンツ時代の15年8月9日のカブス戦で148キロのストレートが今回と同じ右側頭部を直撃。MLBの「脳震とうテスト」をクリアし、3日後には復帰したものの、不調を訴えて途中交代。7日間のDLに入った。その後、症状は改善したかに見えたが、9月に入って起床した際に胸が苦しくなるなど再び異変を来し、後遺症に悩まされた。

「青木はメジャー移籍前の09年にも後頭部に死球を受け、時折めまいに見舞われながらも、強行出場し続けたことがある。青木のタフな精神力もさることながら、その当時はまだ、診断で異常がなければ問題なしとされ、頭部死球による後遺症に配慮する意識は今より低かった」(ヤクルトOB)

 過去にはメジャー屈指の好打者だったモルノー(ツインズなど)が05年に頭部死球を受け、10年には走者として二塁クロスプレーの際に頭部を打撲。その後は守備の最中に症状がぶり返すなど、後遺症に悩まされ続けた。青木不在はヤクルトにとって痛いことは間違いないが、何より青木の体が心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る