青木宣親も絶賛 エンゼルス大谷は“具現化力”が最大の武器

公開日:

「改めて能力の高さを感じました」

 エンゼルスの大谷翔平(23)が開幕直後に初本塁打を放ったときだった。昨年まで6年間、メジャーでプレーしていたヤクルトの青木宣親(36)に話を聞くと、こう言っていた。

「本塁打したシーンをハイライトで見ましたけど、開幕直前まで足を上げて打っていたのに、すり足に変えてすぐに結果を出した。変えることはできても、実際にすぐに結果が伴うかというとすごく難しい。普通は適応するまでに時間がかかるもの。体の力が必要なのはもちろんですけど、頭の中でイメージしたことを実際に体現できる能力、それがすごいと思います」

 大谷はオープン戦終盤まで日本時代と同様に足を上げて打っていたが、タイミングが取れず、凡打の山を築いていた。キャンプではヒンスキー打撃コーチから、タイミングを合わせやすくするため、足の動きを小さくするよう助言されていた。それをわずか開幕3日前になって本格的に取り入れ、結果を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る