青木宣親も絶賛 エンゼルス大谷は“具現化力”が最大の武器

公開日:

「改めて能力の高さを感じました」

 エンゼルスの大谷翔平(23)が開幕直後に初本塁打を放ったときだった。昨年まで6年間、メジャーでプレーしていたヤクルトの青木宣親(36)に話を聞くと、こう言っていた。

「本塁打したシーンをハイライトで見ましたけど、開幕直前まで足を上げて打っていたのに、すり足に変えてすぐに結果を出した。変えることはできても、実際にすぐに結果が伴うかというとすごく難しい。普通は適応するまでに時間がかかるもの。体の力が必要なのはもちろんですけど、頭の中でイメージしたことを実際に体現できる能力、それがすごいと思います」

 大谷はオープン戦終盤まで日本時代と同様に足を上げて打っていたが、タイミングが取れず、凡打の山を築いていた。キャンプではヒンスキー打撃コーチから、タイミングを合わせやすくするため、足の動きを小さくするよう助言されていた。それをわずか開幕3日前になって本格的に取り入れ、結果を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る