青木宣親も絶賛 エンゼルス大谷は“具現化力”が最大の武器

公開日: 更新日:

「改めて能力の高さを感じました」

 エンゼルスの大谷翔平(23)が開幕直後に初本塁打を放ったときだった。昨年まで6年間、メジャーでプレーしていたヤクルトの青木宣親(36)に話を聞くと、こう言っていた。

「本塁打したシーンをハイライトで見ましたけど、開幕直前まで足を上げて打っていたのに、すり足に変えてすぐに結果を出した。変えることはできても、実際にすぐに結果が伴うかというとすごく難しい。普通は適応するまでに時間がかかるもの。体の力が必要なのはもちろんですけど、頭の中でイメージしたことを実際に体現できる能力、それがすごいと思います」

 大谷はオープン戦終盤まで日本時代と同様に足を上げて打っていたが、タイミングが取れず、凡打の山を築いていた。キャンプではヒンスキー打撃コーチから、タイミングを合わせやすくするため、足の動きを小さくするよう助言されていた。それをわずか開幕3日前になって本格的に取り入れ、結果を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  6. 6

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  7. 7

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る