後輩にも教えを請う ヤクルト坂口の覚悟とキャプテンシー

公開日:

【好調要因】

 宮本ヘッドコーチが就任した秋から「鬼のキャンプ」が始動。春のキャンプも若手を中心にバットを振る量が激増し、16年目のべテランも若手と一緒になって振り込んだ。宮出打撃コーチは「振り込みで体のバランスやキレ、強さが増した。感覚的なものだけど、細かい足の動きやバットが出るタイミングのズレも減った」と解説する。

【18年ぶりの一塁】

 青木の復帰に伴い、外野手の“玉突き人事”が発生。春季キャンプから一塁に挑戦することになった。

「一塁は中学以来」(坂口)のため、急きょ、契約メーカー(ハタケヤマ社)からファーストミットを2つ取り寄せた。キャンプ中は市販のミットで練習し、開幕後はオーダーしたものを慣らして使った。

 一塁守備に関してはプライドを捨てている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る