• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8試合中7試合が W杯決勝T1回戦の接戦続きには理由がある

 ロシアW杯は現地6日から準々決勝がスタートしたが、決勝トーナメント1回戦8試合で「ある傾向」が見て取れた。

 2点差が付いたのはブラジル―メキシコ戦だけ(2―0)。それ以外の7試合は、いずれも1点差かPK戦にもつれ込む大接戦だったのである。

 ともに優勝経験のあるフランスとアルゼンチンとの一戦は、互いにゴールの応酬からフランスが4―3で逃げ切った。

 スペインは地元ロシアとのPK戦を3―4で落とし、2年前のユーロを制したポルトガルは、試合巧者ウルグアイの前に1―2で屈した。

 1次リーグF組では大波乱も起きた。前回優勝国ドイツがF組最下位でロシアを離れると予想した人は、一体どれほどいたのか? ともあれ決勝T1回戦の接戦続きは、何が原因だったのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る