8試合中7試合が W杯決勝T1回戦の接戦続きには理由がある

公開日:

 ロシアW杯は現地6日から準々決勝がスタートしたが、決勝トーナメント1回戦8試合で「ある傾向」が見て取れた。

 2点差が付いたのはブラジル―メキシコ戦だけ(2―0)。それ以外の7試合は、いずれも1点差かPK戦にもつれ込む大接戦だったのである。

 ともに優勝経験のあるフランスとアルゼンチンとの一戦は、互いにゴールの応酬からフランスが4―3で逃げ切った。

 スペインは地元ロシアとのPK戦を3―4で落とし、2年前のユーロを制したポルトガルは、試合巧者ウルグアイの前に1―2で屈した。

 1次リーグF組では大波乱も起きた。前回優勝国ドイツがF組最下位でロシアを離れると予想した人は、一体どれほどいたのか? ともあれ決勝T1回戦の接戦続きは、何が原因だったのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る