8試合中7試合が W杯決勝T1回戦の接戦続きには理由がある

公開日:

 ロシアW杯は現地6日から準々決勝がスタートしたが、決勝トーナメント1回戦8試合で「ある傾向」が見て取れた。

 2点差が付いたのはブラジル―メキシコ戦だけ(2―0)。それ以外の7試合は、いずれも1点差かPK戦にもつれ込む大接戦だったのである。

 ともに優勝経験のあるフランスとアルゼンチンとの一戦は、互いにゴールの応酬からフランスが4―3で逃げ切った。

 スペインは地元ロシアとのPK戦を3―4で落とし、2年前のユーロを制したポルトガルは、試合巧者ウルグアイの前に1―2で屈した。

 1次リーグF組では大波乱も起きた。前回優勝国ドイツがF組最下位でロシアを離れると予想した人は、一体どれほどいたのか? ともあれ決勝T1回戦の接戦続きは、何が原因だったのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る