評価急騰の鹿嶋DF昌子源 植田とセットで海外移籍の可能性

公開日:

 ロシアW杯で評価を急上昇させたのが、主力組で唯一のJリーガーである鹿島DF昌子だ。

 英プレミアのサウサンプトンで6シーズン、プレーしているDF吉田とCBのコンビを組み、遜色ないどころか、吉田以上に落ち着き払ったプレーを見せ、フランスの主要メディアが「国内1部ストラスブールが獲得を検討」と報じるなど昌子株の高騰が続いている。

「フランスで昌子の評価が高いのは、代表チームメートのDF酒井宏の存在が大きい。彼は16年6月にフランスの人気クラブ・マルセイユに入団してバリバリのレギュラーを張っている。酒井宏への評価が、そのまま日本人DFである昌子に対する高評価につながっている」(マスコミ関係者)

 そこで「鹿島の4バックの真ん中でペアを組んでいるDF植田とのセットで欧州移籍の可能性が高まっている」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る