オファーなければ引退も 村田修一に“拾う神”は現れるのか

公開日:

「打撃も守備も、普通に動けているとの報告を受けている」

 昨年限りで巨人を退団したBCリーグ栃木の村田修一(37)について、セ・リーグの球団幹部がこう言った。

 3日現在、32試合に出場し、打率・356、6本塁打、32打点。主に三塁を守っている。「5月に右太もも裏をケガしたが、今は問題ない。能力がガクンと落ちている感じではないし、戦力になり得る。複数の球団が視察をしている」とは、冒頭の球団幹部だ。

 もっとも、巨人退団直後は打撃、守備に関しては評価されていたにもかかわらず、どの球団も獲得に乗り出さなかった。村田が残り135本に迫る2000安打へのこだわりがあるなど、「起用法によっては不満分子になりかねない」(パ球団編成)と懸念されていたからだ。

 12球団が新たに選手を獲得できるのは、7月31日まで(ウエーバー公示選手を除く)。村田自身、期限までに手を挙げる球団がなければ、今季限りで引退する可能性があるといわれる。「拾う神」は現れるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る