オファーなければ引退も 村田修一に“拾う神”は現れるのか

公開日:

「打撃も守備も、普通に動けているとの報告を受けている」

 昨年限りで巨人を退団したBCリーグ栃木の村田修一(37)について、セ・リーグの球団幹部がこう言った。

 3日現在、32試合に出場し、打率・356、6本塁打、32打点。主に三塁を守っている。「5月に右太もも裏をケガしたが、今は問題ない。能力がガクンと落ちている感じではないし、戦力になり得る。複数の球団が視察をしている」とは、冒頭の球団幹部だ。

 もっとも、巨人退団直後は打撃、守備に関しては評価されていたにもかかわらず、どの球団も獲得に乗り出さなかった。村田が残り135本に迫る2000安打へのこだわりがあるなど、「起用法によっては不満分子になりかねない」(パ球団編成)と懸念されていたからだ。

 12球団が新たに選手を獲得できるのは、7月31日まで(ウエーバー公示選手を除く)。村田自身、期限までに手を挙げる球団がなければ、今季限りで引退する可能性があるといわれる。「拾う神」は現れるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る