• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヒジがダメなら…横綱白鵬が“張り手”を振り回して白星発進

 まさにケンカ相撲さながら、横綱白鵬(33)がいきなり「らしさ」を見せつけた。

 立ち合いで玉鷲の右頬を張ると、距離を取る相手に手を焼きつつも、大きく腕をぶん回す強烈な張り手。相手の寄りであわやという場面もあったが、最後はすくい投げで玉鷲を土俵下に転がした。

 白鵬は今年1月場所から、ヒジ打ちまがいのかち上げを封印。日馬富士暴行事件が起きた昨年11月場所で優勝した際、万歳三唱など好き放題やったことが相撲協会や横審の逆鱗に触れ、相撲内容も厳しく注意された。相撲には「ヒジを相手の顔面にぶつける」技がないので、当然だ。

 しかし、ヒジの代わりと言わんばかりに、ここ最近の白鵬はやたらと張り手が増えた。先場所も玉鷲に張り差しを仕掛け、解説の北の富士氏に「背に腹は代えられないんでしょう」と、ため息をつかせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る