• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7月場所も休場宣言 横綱稀勢の里を追い詰めた“先代の呪縛”

「まだ(自分の)相撲が戻っていない。来場所、すべてを懸けて頑張っていきたい」

 5日、横綱稀勢の里(32)が7月場所(8日初日)の休場宣言をした。

 これで8場所連続休場となり、年6場所制となった1958年以降では、貴乃花(現親方)の7場所を抜き、歴代最長の不名誉記録を更新した。

 稀勢の里はかねて「次に出る場所で進退を懸ける」と話していた。それがとうとう、自らタイムリミットを口にしたのだから、もう後には引けない。

 いわば背水の陣さながらだが、勝算がないわけでもなさそうだ。去る2日に白鵬と1年ぶりに三番稽古を行った際、「目が覚めたような感じ」と話していた。すると、2日連続で出稽古と、“出無精”の稀勢の里にしては珍しく精力的だった。

 しかし、土壇場でようやく何かを掴んだとしてもあまりに遅すぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る