アン・ソンジュ優勝 悪条件の北海道は技術差が露骨に出る

公開日:  更新日:

【ニッポンハムレディス】

 大会2日目に背中が痛くなりながら67の好スコアで8アンダーの首位タイに浮上したアン・ソンジュ(30)が、痛み止めを飲んだ最終日も67で回り通算13アンダーで優勝した。

 開催コースは北海道特有の洋芝で、フェアウエーでもボールがやや沈む。

 多くの選手がアイアンショットでターフをいつも以上に飛ばしていたのはクラブを鋭角に入れていたからだが、距離感の合わないプロもいた。

 粘りのある深いラフはもっと厄介で、雨で濡れるとクラブの抜けはさらに悪くなる。

 最終日18番(510ヤード・パー5)を2打でグリーンに乗せたパワーのある川岸史果(23)でさえ、2日目は「ラフからは(ピンまで)150ヤードでも、ロングアイアンをもたずに5U(ユーティリティー)などで出す」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る