• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アン・ソンジュ優勝 悪条件の北海道は技術差が露骨に出る

【ニッポンハムレディス】

 大会2日目に背中が痛くなりながら67の好スコアで8アンダーの首位タイに浮上したアン・ソンジュ(30)が、痛み止めを飲んだ最終日も67で回り通算13アンダーで優勝した。

 開催コースは北海道特有の洋芝で、フェアウエーでもボールがやや沈む。

 多くの選手がアイアンショットでターフをいつも以上に飛ばしていたのはクラブを鋭角に入れていたからだが、距離感の合わないプロもいた。

 粘りのある深いラフはもっと厄介で、雨で濡れるとクラブの抜けはさらに悪くなる。

 最終日18番(510ヤード・パー5)を2打でグリーンに乗せたパワーのある川岸史果(23)でさえ、2日目は「ラフからは(ピンまで)150ヤードでも、ロングアイアンをもたずに5U(ユーティリティー)などで出す」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る