• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首位発進の勝みなみ プロ2勝目の鍵は“アマ時代”のメンタル

【ニッポンハムレディス】

 黄金世代の勝みなみ(20)が、今季2度目の初日首位スタートだ。高校1年で出場した2014年バンテリンレディスで史上最年少優勝をさらい脚光を浴び、昨年のプロテストに合格。

 今季はリゾートトラスト、ヨネックスレディスの2週連続2位などトップ10入り6回。

 アマ時代からのツアー経験も生きて賞金ランク9位につけているが、プロ初優勝は同期の新垣比菜(19)に先を越されてしまった。

 小野寺誠プロが、「ゴルフは確実にうまくなっているが、プロとアマでは基本的に戦い方が違う」とこう解説する。

「プロは優勝と賞金獲得が使命です。ボギーを打たずに、バーディーを奪い、常に60台で回る目標を立てます。ただプロが勝利を意識するとパットに影響が出はじめる。1個でもボギーが許されない状況になるとタッチが弱くなる。結果的にスコアを崩したわけでもないのに勝ちきれないケースが出てくるのです。スタートダッシュに成功しても、大会期間中ずっといい状態を続けるのは一流選手でも難しい。しかし、アマはスコアより一打一打に集中して、ピンを思い切り攻め続けます。プロのように失うものが何もないので、グリーン上でタッチが弱くなることはないのです」

 アマで勝った時のような思い切りのいいパットができるか、守りに入らず攻め続けることができるかが、勝の2勝目を大きく左右することになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る