首位発進の勝みなみ プロ2勝目の鍵は“アマ時代”のメンタル

公開日:

【ニッポンハムレディス】

 黄金世代の勝みなみ(20)が、今季2度目の初日首位スタートだ。高校1年で出場した2014年バンテリンレディスで史上最年少優勝をさらい脚光を浴び、昨年のプロテストに合格。

 今季はリゾートトラスト、ヨネックスレディスの2週連続2位などトップ10入り6回。

 アマ時代からのツアー経験も生きて賞金ランク9位につけているが、プロ初優勝は同期の新垣比菜(19)に先を越されてしまった。

 小野寺誠プロが、「ゴルフは確実にうまくなっているが、プロとアマでは基本的に戦い方が違う」とこう解説する。

「プロは優勝と賞金獲得が使命です。ボギーを打たずに、バーディーを奪い、常に60台で回る目標を立てます。ただプロが勝利を意識するとパットに影響が出はじめる。1個でもボギーが許されない状況になるとタッチが弱くなる。結果的にスコアを崩したわけでもないのに勝ちきれないケースが出てくるのです。スタートダッシュに成功しても、大会期間中ずっといい状態を続けるのは一流選手でも難しい。しかし、アマはスコアより一打一打に集中して、ピンを思い切り攻め続けます。プロのように失うものが何もないので、グリーン上でタッチが弱くなることはないのです」

 アマで勝った時のような思い切りのいいパットができるか、守りに入らず攻め続けることができるかが、勝の2勝目を大きく左右することになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る