POでメジャー初V逃す 畑岡奈紗の課題は4日間のペース配分

公開日:

【全米女子プロ選手権】

「今日は自分のプレーができたので悔いはないです」

 米ツアー参戦2年目の畑岡奈紗(19)が41年ぶりの日本人メジャー優勝にあと一歩まで近づいたが、プレーオフで敗れた。

 首位と9打差23位発進の最終日は、最終組から8組前でプレーして猛チャージをかけ、後続組にプレッシャーをかけていった。

 前週優勝の勢いもあり前半は3番、4番で連続バーディーを奪うと、7番ではガードバンカーから「イメージ通りのショットができた」と直接カップに放り込んでイーグルを決めた。

 折り返して10番は1・5メートルのパーパットがカップにけられてボギーだったが、直後の11番パー5はピン上4メートルに2オンするとイーグルパットを勢いよく沈めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る