菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

畑岡奈紗の活躍で悪目立ち 日本男子の“引きこもり症候群”

公開日:

 米女子ツアー2年目の畑岡奈紗(19)がウォルマートNWアーカンソー選手権で初優勝を飾った。

 コースレコード更新の通算21アンダーを記録し、2位に6打差の圧勝だった。

 これで、米女子ツアーを制した日本人プロは1977年全米女子プロ選手権の樋口久子以来14人目。うち6人は日本国内で開催された米ツアー勝者であるが、優勝回数は46勝にものぼる。

 では男子の米ツアー制覇はどうかというと、83年にハワイアンオープンを制した青木功が最初で、今季、RBCヘリテージ優勝の小平智まで35年間でわずかに5人しかいない。優勝回数は松山英樹の5勝を筆頭に11勝だ。

 樋口は中学、高校と陸上競技で活躍し、ゴルフを始めたときから、師匠の中村寅吉は「アメリカに行っても飛距離で負けないように」と言って、バックスイングで上体を右に動かして飛ばす独自のスエー打法を教えていた。実業団のソフトボールのピッチャーとして全国制覇した岡本綾子はゴルフを始めた時から米ツアーを目指していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る