過去には1年間出場停止も 片山晋呉の処分「甘すぎる」の声

公開日: 更新日:

「身内をかばっている印象です。事の重大さを認識していないですね」

 厳しい口調でこう語るのは、日刊ゲンダイ「激辛ツアー情報」でお馴染みの菅野徳雄氏(日本ゴルフジャーナリスト協会顧問)だ。

 国内男子プロゴルフツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO=青木功会長=75)は昨27日、都内で記者会見を行い、5月30日の「日本ツアー選手権森ビル杯」のプロアマ戦で起きた、片山晋呉(45)のゲストに対する不適切な対応に対し、制裁金30万円と厳重注意の処分を科したと発表した。

「その処分が甘すぎる」と前出の菅野氏はこう語る。

「マスターズに2度出場した杉本英世プロ(80)は、1968年に日本人で初めて米ツアーのライセンスを取得した。その前年のハワイアンオープンのスタート時間に遅刻して、国内試合は1年間出場停止となった。それ以上の罰を受けるのは当然です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る