• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
森守洋
著者のコラム一覧
森守洋

1977年2月生まれ、静岡県出身。高校卒業後、渡米しカリフォルニア州のサンディエゴでゴルフを学ぶ。帰国後は陳清波プロに師事。現在は多くのアマチュアゴルファーをレッスンする一方、女子ツアーで活躍する原江里菜プロのコーチとして活躍中。東京ゴルフスタジオ主宰。

考察から生み出すショットイメージを大切にしましょう!

「練習は、練習場でするもの。コースに出たらスコアメークに徹しましょう」というラウンドの心得は、すでにアドバイスしました。

 今回は、スコアメークに直結する「ショットイメージの重要性」についてお話しします。

 アマチュアのラウンドを見ていると「ナイスショットを打ちたい」という意識が強く、スイングのことばかり考えています。

 ラウンドレッスンでも、「アプローチはどうやって打ったらいいですか?」など、ほとんどが打ち方を気にします。

 そんな時は必ず、「どんなショットイメージをお持ちですか?」と尋ねます。なぜなら、同じ距離やシチュエーションであってもショットイメージの持ち方が違えば、打ち方やスイングの内容はガラリと変わるからです。

 例えば、ピンまで残り100ヤードという状況で「いつも練習している距離だから」と距離情報だけで番手を選ぶ人がいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る