二冠狙う西武・山川 年俸大幅増の原資は“先輩4番”の減額分

公開日:

 まだシーズンは半分残っているが、2冠の可能性があるのは首位に立つ西武の山川穂高(26)だ。この日の2ランは今季23号。70打点もリーグトップである。このまま逃げ切って2つのタイトルを同時に手にすれば、3240万円の年俸が1億円の大台に乗るのは間違いない。

 とはいえ、西武の年俸査定はシビアだ。山川がソロバンをはじいたとおりの額を提示してくれるかわからない。

 フロントが注視しているのが、かつての4番で、この日、本塁打を放った中村剛也(34)ではないか。昨年、115試合、打率.217、27本塁打、79打点のベテランは今季、1億3000万円減の2億8000万円の1年契約。4月21日のロッテ戦の守備で三遊間のゴロに飛び込み左肩を痛めたため、一時戦列を離れた。もっかの数字は、34試合、打率.167、5本塁打、13打点。調子が上がらなければ1億円以上のダウンは必至。フロントはそれを丸々山川のアップ分に回せる。

 この先、中村は意地を見せるか、それともオフは新旧4番の明暗クッキリか……。ちなみにこの日は2人の本塁打も勝利には結びつかず、ロッテに敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る