• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二冠狙う西武・山川 年俸大幅増の原資は“先輩4番”の減額分

 まだシーズンは半分残っているが、2冠の可能性があるのは首位に立つ西武の山川穂高(26)だ。この日の2ランは今季23号。70打点もリーグトップである。このまま逃げ切って2つのタイトルを同時に手にすれば、3240万円の年俸が1億円の大台に乗るのは間違いない。

 とはいえ、西武の年俸査定はシビアだ。山川がソロバンをはじいたとおりの額を提示してくれるかわからない。

 フロントが注視しているのが、かつての4番で、この日、本塁打を放った中村剛也(34)ではないか。昨年、115試合、打率.217、27本塁打、79打点のベテランは今季、1億3000万円減の2億8000万円の1年契約。4月21日のロッテ戦の守備で三遊間のゴロに飛び込み左肩を痛めたため、一時戦列を離れた。もっかの数字は、34試合、打率.167、5本塁打、13打点。調子が上がらなければ1億円以上のダウンは必至。フロントはそれを丸々山川のアップ分に回せる。

 この先、中村は意地を見せるか、それともオフは新旧4番の明暗クッキリか……。ちなみにこの日は2人の本塁打も勝利には結びつかず、ロッテに敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る