3連敗阻止のサヨナラ打 西武・木村文紀は元“泣き虫投手”

公開日:

 起死回生の一発がバックスクリーンに飛び込んだ。

 楽天に2連敗中の西武は1日も苦戦。最大4点あったリードは、終盤に追いつかれた。7―7で迎えた九回裏も2死走者なし。延長かと思われたが、八回から守備固めで右翼に入っていた木村文紀(29)のバットが一閃。サヨナラソロ弾で3連敗を免れた。

「(手応えは)完璧です。今でも手が震えています」

 お立ち台でこう話した木村は、2006年高校生ドラフト1巡目で埼玉栄から入団したご当地選手。当初は投手だったが、12年に打者に転向し、14年には10本塁打を打っている。

「入団当時、身体能力にほれ込んだ渡辺二軍監督(現SD)がゾッコンだった。オリックスとCS争いをしていた11年は、実力不足にもかかわらずベンチ入り。渡辺監督は『キム(木村の愛称)にとって、いい経験になる』と話していたが、ナインは『一軍登録枠の無駄遣い』とシラケていた。投手時代は試合後のミーティングでコーチに叱られ、その場で泣き出すなどメンタルのもろさもあった。身体能力は阪神の糸井に匹敵するほど。打者転向後は主に守備面での貢献度が高い」(球団OB)

 もっか打率・286と、今季はバットも好調。縁の下でチームの首位キープを支えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る