• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3連敗阻止のサヨナラ打 西武・木村文紀は元“泣き虫投手”

 起死回生の一発がバックスクリーンに飛び込んだ。

 楽天に2連敗中の西武は1日も苦戦。最大4点あったリードは、終盤に追いつかれた。7―7で迎えた九回裏も2死走者なし。延長かと思われたが、八回から守備固めで右翼に入っていた木村文紀(29)のバットが一閃。サヨナラソロ弾で3連敗を免れた。

「(手応えは)完璧です。今でも手が震えています」

 お立ち台でこう話した木村は、2006年高校生ドラフト1巡目で埼玉栄から入団したご当地選手。当初は投手だったが、12年に打者に転向し、14年には10本塁打を打っている。

「入団当時、身体能力にほれ込んだ渡辺二軍監督(現SD)がゾッコンだった。オリックスとCS争いをしていた11年は、実力不足にもかかわらずベンチ入り。渡辺監督は『キム(木村の愛称)にとって、いい経験になる』と話していたが、ナインは『一軍登録枠の無駄遣い』とシラケていた。投手時代は試合後のミーティングでコーチに叱られ、その場で泣き出すなどメンタルのもろさもあった。身体能力は阪神の糸井に匹敵するほど。打者転向後は主に守備面での貢献度が高い」(球団OB)

 もっか打率・286と、今季はバットも好調。縁の下でチームの首位キープを支えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る