OB山崎氏は懐疑的 “打高投低”西武が狙う史上2度目の珍記録

公開日:

 名誉と言うべきか、不名誉と言うべきか。

 開幕ダッシュに成功した西武は、4日現在も2位日本ハムに2ゲーム差をつけ、首位をキープしている。数字を見ると、打高投低が顕著だ。チーム打率276.88盗塁はリーグトップ。86本塁打は同2位と、破壊力は抜群。その一方で、リリーフ陣が弱い投手陣はボロボロで、チーム防御率4.36はリーグワースト。2001年に優勝した近鉄(現オリックス)を彷彿させるチームとなっている。

 当時の近鉄は本塁打王の3番ローズ、打点王の4番中村の2人で101本塁打、263打点を叩き出した。「いてまえ打線」と呼ばれた猛打はライバル球団に恐れられ、チーム打率は.280を誇った。しかし、同防御率は4.98と、投手が5点取られても6点取って勝つようなチームだった。今季の西武もこのまま優勝できるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る