小野俊哉
著者のコラム一覧
小野俊哉ノンフィクション作家

1961年岡山出身。スポーツ・アクセス㈲取締役社長。早大理工学部卒、味の素、住友金属工業を経て、03年同社設立。プロ野球、メジャーリーグの記録を分析、評論し各メディアやメジャー球団に情報を提供している。

軟投派へ変身した中日・松坂大輔は“カットボール王子”か?

公開日:

 松坂大輔は今季の球宴投票で先発部門のセ1位になった。巨人・菅野を、何と15万票以上も引き離す人気ぶりだ。

 今年で38歳。過去155キロ台前後の剛速球が代名詞だったが、今はストレートが最速142キロ。しかし、交流戦で古巣ソフトバンクを抑えるなど今季7先発し3勝3敗、防御率2.41。半端ない掘り出し物といっていい。

 意外にもメジャー時代(2007~14年)に規定回に達したのは最初の2年だけ(33勝15敗、防御率3.72)。残り6年は年平均4勝5敗、防御率5.10(23勝28敗)。

 12年、レッドソックス最終年の先発防御率は球団史上ワーストの8.28を記録。度重なる故障が原因だった。

 09年1月には股関節回りを痛める重傷を負い、11年には右肘のトミー・ジョン手術も受けた。14年に帰国し、ソフトバンクに拾われ3年12億円という高額の契約を結びながら、15年には右肩へメスを入れ一軍登板は1イニングに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る