中日選手なぜ長寿 15回連続ゼロ封で2勝目の40歳山井に聞く

公開日: 更新日:

 ベテラン右腕がこの日も「0」を並べた。

 先月40歳になった中日の山井大介が、日本ハム打線を6回3安打無失点に抑え、2勝目を挙げた。今季初登板のDeNA戦(5月22日)でプロ野球史上9人目となる40代での完封勝利をマーク。これで前回登板から15回連続無失点となった。森監督は「同じ実力なら若手を使う」という方針。それでも中日には、山井や現役最年長の岩瀬仁紀(43)をはじめ、荒木雅博(40)や今季加入した松坂大輔(37)らベテランが多い。かつては、50歳で現役引退した山本昌(52)、45歳まで現役を続けた山崎武司(49)も在籍した。

 なぜ中日は「長寿球団」なのか。山井はこう言う。

「どうやったら長く現役をやっていけるのか、というのを岩瀬さんとか山本さんとか、先輩の姿を見たり聞いたりして教わることで、受け継いでいるんだと思う。中日の選手はみんな自分を持っているし、やるべきことをやっているのを肌で感じてきた。自分に合うものをうまく取り入れていける環境があったのも大きい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る