中日選手なぜ長寿 15回連続ゼロ封で2勝目の40歳山井に聞く

公開日: 更新日:

 ベテラン右腕がこの日も「0」を並べた。

 先月40歳になった中日の山井大介が、日本ハム打線を6回3安打無失点に抑え、2勝目を挙げた。今季初登板のDeNA戦(5月22日)でプロ野球史上9人目となる40代での完封勝利をマーク。これで前回登板から15回連続無失点となった。森監督は「同じ実力なら若手を使う」という方針。それでも中日には、山井や現役最年長の岩瀬仁紀(43)をはじめ、荒木雅博(40)や今季加入した松坂大輔(37)らベテランが多い。かつては、50歳で現役引退した山本昌(52)、45歳まで現役を続けた山崎武司(49)も在籍した。

 なぜ中日は「長寿球団」なのか。山井はこう言う。

「どうやったら長く現役をやっていけるのか、というのを岩瀬さんとか山本さんとか、先輩の姿を見たり聞いたりして教わることで、受け継いでいるんだと思う。中日の選手はみんな自分を持っているし、やるべきことをやっているのを肌で感じてきた。自分に合うものをうまく取り入れていける環境があったのも大きい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る