巨人2人が痴態をSNS公開…野球選手はなぜ裸が好きなのか?

公開日: 更新日:

 巨人が13日、所属2選手を「不適切な行為があった」として、謹慎させたことを明らかにした。

 阪神のスコアラーが盗撮容疑で現行犯逮捕されていたことが発覚した直後だっただけに、何事かと思ったら、10日の深夜から11日の未明にかけて都内飲食店の個室で裸になった4年目投手・篠原慎平(28)の姿を、9年目捕手の河野元貴(27)がスマホで動画を撮影、それをSNSで公開したという何ともお粗末な顛末。

 篠原は同席していた知人約10人を盛り上げようと衣服を脱ぎ捨て、その痴態を撮影した河野もアップしたのはフォロワー限定のSNSだったものの、

「酒席で悪ふざけをし、また、知人限定で短時間とはいえ、不適切な動画を公開したことは球団規則に反するもの」

 と、球団はカンカンである。

 野球賭博だ、泥酔暴行事件だと、最近の巨人の不祥事に比べたらかわいいものか。現に球界関係者は「SNSに投稿するのはどうかと思うけど、酔って裸になるのがダメなら、プロ野球選手の半分は謹慎しなくちゃいけないよ」と言うのだが、もちろんこれは球界の理論である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る