• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ウッズ同組の重圧なんの メジャー初Vモリナリ鋼のメンタル

【全英オープン】

 タフな設定に加え、タイトルの重みから異様な雰囲気が漂うメジャーでは通常大会と戦い方が大きく違う。ボギーをなるべくたたかず、数少ないバーディーチャンスを逃さないことだ。

 そんな鉄則を貫いたフランチェスコ・モリナリ(35)が、イタリア人初のメジャータイトルを獲得した。

 最終日はT・ウッズと同組。人気のウッズがショットを打ち終わると、ギャラリーやカメラマンがゾロゾロと動きだし同伴競技者は自分のプレーに集中しづらい。しかもウッズがリーディングボードの首位に立つ活躍を見せただけに、会場もざわついていた。

 だが、モリナリは自分のペースを守り、13番まで何度もあったピンチをパーセーブで切り抜けていった。そして14番パー5で2オンに成功して初バーディーを奪って首位に躍り出ると、最終18番では右セミラフから残り115ヤードの2打目をピンそば1.5メートルにピタリ。これを放り込んで後続組を突き放す通算8アンダー。右手で力強く勝利を確信するガッツポーズが出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る