ウッズ同組の重圧なんの メジャー初Vモリナリ鋼のメンタル

公開日:

【全英オープン】

 タフな設定に加え、タイトルの重みから異様な雰囲気が漂うメジャーでは通常大会と戦い方が大きく違う。ボギーをなるべくたたかず、数少ないバーディーチャンスを逃さないことだ。

 そんな鉄則を貫いたフランチェスコ・モリナリ(35)が、イタリア人初のメジャータイトルを獲得した。

 最終日はT・ウッズと同組。人気のウッズがショットを打ち終わると、ギャラリーやカメラマンがゾロゾロと動きだし同伴競技者は自分のプレーに集中しづらい。しかもウッズがリーディングボードの首位に立つ活躍を見せただけに、会場もざわついていた。

 だが、モリナリは自分のペースを守り、13番まで何度もあったピンチをパーセーブで切り抜けていった。そして14番パー5で2オンに成功して初バーディーを奪って首位に躍り出ると、最終18番では右セミラフから残り115ヤードの2打目をピンそば1.5メートルにピタリ。これを放り込んで後続組を突き放す通算8アンダー。右手で力強く勝利を確信するガッツポーズが出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る