全英OPに10人出場 “日本人枠”に向けられる世界の厳しい目

公開日: 更新日:

 今季メジャー3戦目の全英オープン(会場・カーヌスティ・ゴルフリンクス)が19日に開幕する。

 出場資格を持つ松山英樹(26)はすでに現地入りして、会場での下見ラウンドを行ったが、今週の欧州ツアー「スコティッシュオープン」や米ツアー「ジョンディアクラシック」の成績で全出場選手が決まる。

 出場資格は42ものカテゴリーがあるが、全米オープン2勝のレティーフ・グーセン(49=南ア)が英国最終予選会を突破して3年ぶりに出場権を獲得したとか、10年全米オープン勝者のグレーム・マクドウェル(38=北アイルランド)がスコティッシュオープンで全英出場をかけて戦うというニュースがあり、ビッグネームでも全英出場は狭き門なのだ。

 ところが日本選手は松山の他に、秋吉翔太、市原弘大、池田勇太、川村昌弘、小林正則、小平智宮里優作、谷原秀人、時松隆光と総勢10選手も出場する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る