全英OPに10人出場 “日本人枠”に向けられる世界の厳しい目

公開日:

 今季メジャー3戦目の全英オープン(会場・カーヌスティ・ゴルフリンクス)が19日に開幕する。

 出場資格を持つ松山英樹(26)はすでに現地入りして、会場での下見ラウンドを行ったが、今週の欧州ツアー「スコティッシュオープン」や米ツアー「ジョンディアクラシック」の成績で全出場選手が決まる。

 出場資格は42ものカテゴリーがあるが、全米オープン2勝のレティーフ・グーセン(49=南ア)が英国最終予選会を突破して3年ぶりに出場権を獲得したとか、10年全米オープン勝者のグレーム・マクドウェル(38=北アイルランド)がスコティッシュオープンで全英出場をかけて戦うというニュースがあり、ビッグネームでも全英出場は狭き門なのだ。

 ところが日本選手は松山の他に、秋吉翔太、市原弘大、池田勇太、川村昌弘、小林正則、小平智、宮里優作、谷原秀人、時松隆光と総勢10選手も出場する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る