• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全英最終日に一時単独首位 ウッズ完全復活へ“秒読み”開始

【全英オープン】

 3年ぶりに全英に帰ってきたT・ウッズ(42)が、今大会を大いに盛り上げた。

 最終日は首位に4打差の5アンダー6位タイ発進。9アンダー首位タイのJ・スピース(24)、X・シャウフェレ(24)、K・キスナー(34)が前半スコアを崩す中、ポットバンカーと深いラフを避けるため第1打にアイアンを使うウッズは4番のバーディーで3位タイに浮上。6番で2つ目のバーディーを奪うと単独3位となり、10番では単独トップに立った。11番、12番でスコアを3打落とし、9位まで急降下。チャンスホールの14番で1打返すも、通算5アンダー6位タイに終わり、2008年全米オープン以来のメジャー優勝には届かなかった。

「必要なこと、やるべきことは全てやった。トーナメントが始まる前に語っていたように、10人以上も勝てるチャンスはあった。自分を含めて何人ものプレーヤーに勝つチャンスがあった。トーナメントをつくることができてラッキーだ」(ウッズ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る