全英最終日に一時単独首位 ウッズ完全復活へ“秒読み”開始

公開日: 更新日:

【全英オープン】

 3年ぶりに全英に帰ってきたT・ウッズ(42)が、今大会を大いに盛り上げた。

 最終日は首位に4打差の5アンダー6位タイ発進。9アンダー首位タイのJ・スピース(24)、X・シャウフェレ(24)、K・キスナー(34)が前半スコアを崩す中、ポットバンカーと深いラフを避けるため第1打にアイアンを使うウッズは4番のバーディーで3位タイに浮上。6番で2つ目のバーディーを奪うと単独3位となり、10番では単独トップに立った。11番、12番でスコアを3打落とし、9位まで急降下。チャンスホールの14番で1打返すも、通算5アンダー6位タイに終わり、2008年全米オープン以来のメジャー優勝には届かなかった。

「必要なこと、やるべきことは全てやった。トーナメントが始まる前に語っていたように、10人以上も勝てるチャンスはあった。自分を含めて何人ものプレーヤーに勝つチャンスがあった。トーナメントをつくることができてラッキーだ」(ウッズ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る