菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

片山晋呉の処分も“大甘” 青木功会長はJGTOのお飾りか

公開日:

 男子ツアーは今週も来週も試合がなく、ツアー日程は空き週ばかり目につく。

 国内ゴルフツアーの男女の人気は完全に逆転してしまって、その差は開く一方だ。

 ゴルフ週刊誌は、今や毎号のように表紙は女子プロの写真だ。

 ゴルフ雑誌で、女子プロのレッスン記事なんてかつてはめったに見られなかった。しかし、今は女子のスイング写真やレッスン記事が毎号のように載っている。

 女子ツアーのほうが試合数も男子よりはるかに多く、ギャラリー数も増えていて、男子とは試合の雰囲気もかなり違っている。女子ツアーを取材に行ってまず驚くのは、男性ギャラリーから大きな声援が飛び交うのが当たり前になっていることだ。

 試合を見ることもさることながら、それ以上にひいきの選手を応援に来ているファンが多くなっているのも女子ツアーの大きな特徴だ。男子ツアーが盛り上がらないのは一人一人の選手が自分のファンをあまり持っていないためでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る