菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

片山晋呉の処分も“大甘” 青木功会長はJGTOのお飾りか

公開日:

 男子ツアーは今週も来週も試合がなく、ツアー日程は空き週ばかり目につく。

 国内ゴルフツアーの男女の人気は完全に逆転してしまって、その差は開く一方だ。

 ゴルフ週刊誌は、今や毎号のように表紙は女子プロの写真だ。

 ゴルフ雑誌で、女子プロのレッスン記事なんてかつてはめったに見られなかった。しかし、今は女子のスイング写真やレッスン記事が毎号のように載っている。

 女子ツアーのほうが試合数も男子よりはるかに多く、ギャラリー数も増えていて、男子とは試合の雰囲気もかなり違っている。女子ツアーを取材に行ってまず驚くのは、男性ギャラリーから大きな声援が飛び交うのが当たり前になっていることだ。

 試合を見ることもさることながら、それ以上にひいきの選手を応援に来ているファンが多くなっているのも女子ツアーの大きな特徴だ。男子ツアーが盛り上がらないのは一人一人の選手が自分のファンをあまり持っていないためでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る