揺れるエンゼルス 大谷“二刀流”今季復帰は白紙の可能性

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が22日(日本時間23日)のアストロズ戦に「5番・DH」で出場。

 ア・リーグ西地区のライバル相手に3戦連続でスタメンに名を連ねると、七回の第4打席に遊撃への詰まった当たりが内野安打となり、4打数1安打1四球、2得点だった。

 クリーンヒットこそ出なかったが、この日の大谷は足で魅せた。二回、相手先発右腕のマクラーズから四球で出塁。続く、キンズラーの打席でエンドランのサインにスタートを切ると、キンズラーの打球は左翼フェンスを直撃。左翼ゴンザレスが打球を処理する間に快足を飛ばして、最後はスライディングで生還。自軍が先制を許した直後に足を生かして同点のホームを踏んだ。

 前日にはサイ・ヤング賞右腕のバーランダー相手に二塁打を放って攻略。機動力を含めて攻撃面で結果を残す大谷を巡り、地元紙の報道では連日のように「今季は打者に専念すべき」との論調が目立つ。チームは100試合を終えて50勝50敗の勝率5割ながら、首位アストロズと15ゲーム差の地区4位に沈んでいる。地区優勝はおろか、2チームが勝ち上がるワイルドカードでのポストシーズン進出は絶望的。早々と再建モードに切り替えて、右肘に不安を抱える大谷を投手として起用するよりも、「来季に向けてシャットダウンさせるべきだ」という意見が大半を占めているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る