• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

揺れるエンゼルス 大谷“二刀流”今季復帰は白紙の可能性

 エンゼルス・大谷翔平(24)が22日(日本時間23日)のアストロズ戦に「5番・DH」で出場。

 ア・リーグ西地区のライバル相手に3戦連続でスタメンに名を連ねると、七回の第4打席に遊撃への詰まった当たりが内野安打となり、4打数1安打1四球、2得点だった。

 クリーンヒットこそ出なかったが、この日の大谷は足で魅せた。二回、相手先発右腕のマクラーズから四球で出塁。続く、キンズラーの打席でエンドランのサインにスタートを切ると、キンズラーの打球は左翼フェンスを直撃。左翼ゴンザレスが打球を処理する間に快足を飛ばして、最後はスライディングで生還。自軍が先制を許した直後に足を生かして同点のホームを踏んだ。

 前日にはサイ・ヤング賞右腕のバーランダー相手に二塁打を放って攻略。機動力を含めて攻撃面で結果を残す大谷を巡り、地元紙の報道では連日のように「今季は打者に専念すべき」との論調が目立つ。チームは100試合を終えて50勝50敗の勝率5割ながら、首位アストロズと15ゲーム差の地区4位に沈んでいる。地区優勝はおろか、2チームが勝ち上がるワイルドカードでのポストシーズン進出は絶望的。早々と再建モードに切り替えて、右肘に不安を抱える大谷を投手として起用するよりも、「来季に向けてシャットダウンさせるべきだ」という意見が大半を占めているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る