勝つべき階級で勝てず…至学館大・栄和人監督の解任は必然

公開日: 更新日:

 ようやくというか、やっとというか、ここまでクビにならなかったことが不思議なくらいだ。

 伊調馨(34)らへのパワハラを認定され、レスリング協会の強化本部長を辞任していた栄和人氏(57)が、至学館大学レスリング部監督を解任された。

 17日、谷岡学長が全日本選手権が行われた駒沢体育館で発表した。

「(14日の)謝罪後、言動を見守ってきたが、全くの期待外れ。反省ができていない。このままでは選手の望み通りにならない」とは谷岡学長だ。

 全日本選手権ではセコンドにつかず、知人と会場外へ食事に出掛けたことも。14日の会見では、伊調や田南部コーチに直接謝罪したいと言いながら、近くに田南部コーチがいても、声を掛けることすらしなかった。

 谷岡学長はこれまで栄氏のパワハラが明らかになった後も、かたくなに守り続けてきた。現役の選手たちが栄監督の指導を望んでいるというのが続投の理由だった。「パワハラ」があろうと、選手を勝たせてくれる監督だったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  3. 3

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  4. 4

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  5. 5

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  6. 6

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    石田純一のトホホなYouTubeデビュー…コロナ騒動が後引く

  10. 10

    自民党は菅首相“切り”に動く…果たしてその契機は何なのか

もっと見る