• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝つべき階級で勝てず…至学館大・栄和人監督の解任は必然

 ようやくというか、やっとというか、ここまでクビにならなかったことが不思議なくらいだ。

 伊調馨(34)らへのパワハラを認定され、レスリング協会の強化本部長を辞任していた栄和人氏(57)が、至学館大学レスリング部監督を解任された。

 17日、谷岡学長が全日本選手権が行われた駒沢体育館で発表した。

「(14日の)謝罪後、言動を見守ってきたが、全くの期待外れ。反省ができていない。このままでは選手の望み通りにならない」とは谷岡学長だ。

 全日本選手権ではセコンドにつかず、知人と会場外へ食事に出掛けたことも。14日の会見では、伊調や田南部コーチに直接謝罪したいと言いながら、近くに田南部コーチがいても、声を掛けることすらしなかった。

 谷岡学長はこれまで栄氏のパワハラが明らかになった後も、かたくなに守り続けてきた。現役の選手たちが栄監督の指導を望んでいるというのが続投の理由だった。「パワハラ」があろうと、選手を勝たせてくれる監督だったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る