• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

栄監督は会見で謝罪も…伊調を激怒させた協会幹部のひと言

 あのスキンヘッドが久々に公の場に姿を見せた。

 教え子で五輪4連覇の伊調馨(34)らへのパワハラ行為が認定された前日本協会強化本部長の栄和人氏(57)が14日、東京・駒沢体育館で会見。「伊調選手、(元日本代表男子コーチの)田南部(力)コーチに深くおわびしたい」と深々と頭を下げた。

 パワハラの原因については「その場、その場でのコミュニケーション不足が招いたと思う。行き違いが生まれた」と説明。これまで伊調の所属先であるアルソックの大橋正教監督を通じて本人との面会を申し入れたが、いまだ実現していないそうで、「これから協会を通して、会って直接謝罪したいと思う」と話した。

 日本協会の第三者委員会がパワハラを認定したのは4月6日。栄氏が2カ月以上も接触できずにいるのは、依然として伊調側にわだかまりがあるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る