栄監督は会見で謝罪も…伊調を激怒させた協会幹部のひと言

公開日: 更新日:

 あのスキンヘッドが久々に公の場に姿を見せた。

 教え子で五輪4連覇の伊調馨(34)らへのパワハラ行為が認定された前日本協会強化本部長の栄和人氏(57)が14日、東京・駒沢体育館で会見。「伊調選手、(元日本代表男子コーチの)田南部(力)コーチに深くおわびしたい」と深々と頭を下げた。

 パワハラの原因については「その場、その場でのコミュニケーション不足が招いたと思う。行き違いが生まれた」と説明。これまで伊調の所属先であるアルソックの大橋正教監督を通じて本人との面会を申し入れたが、いまだ実現していないそうで、「これから協会を通して、会って直接謝罪したいと思う」と話した。

 日本協会の第三者委員会がパワハラを認定したのは4月6日。栄氏が2カ月以上も接触できずにいるのは、依然として伊調側にわだかまりがあるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  2. 2

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  3. 3

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  4. 4

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  5. 5

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  6. 6

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  7. 7

    日本で変異株が…ワクチン効きにくいと指摘の南ア型に酷似

  8. 8

    Ado「うっせぇわ」大ヒット ボカロPは「令和の小室哲哉」か

  9. 9

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  10. 10

    森下千里に衆院選出馬報道 復興「強い思い入れ」の唐突感

もっと見る