一抹の不安も…“就任秒読み”森保新監督の武器は人の良さ

公開日:

 東京五輪世代のU―21(21歳以下)日本代表監督の森保一・日本代表コーチ(49)の次期日本代表監督就任が決定的となり、26日の日本サッカー協会(JFA)理事会で正式に承認される運びとなっている。

 この森保次期監督について、ロシアW杯メンバーが“ヨイショ合戦”を繰り広げている。

 24日、東京都内のイベントに出席したDF長友佑都(31)が「あんなに心が温かく、優しい人はいない。大きな力を持っている方です」と持ち上げ、続けて「呼んでいただけるのなら東京五輪に出て貢献したい気持ちはあります」と熱烈アピール。23日に所属クラブのドイツに向けて離日したDF酒井高徳(27)も成田空港で「サッカーに熱く、真剣に向き合っている。人間的にも素晴らしい」とベタ褒めだ。

「サッカー界の誰に聞いても『あんなに裏表のない正直者はいない。アイツが人の悪口を言ってるところなんて聞いたことがない』という答えが返ってくる。年下のスタッフや選手に対しても腰が低く、会話は基本的に丁寧語です。J1広島の監督時代、全体練習の最後に監督スピーチで終わるが、いつも締めの言葉は『しっかりと休養を取って下さい。お疲れさまでした』だった。試合の前日には『明日に向けて良い準備をして下さい。お疲れさまでした』となる。試合に負けて悔しくても表情には一切出さず、穏やかな物言いで試合を振り返る。森保さんのモットーは<試合の勝ち負けに一喜一憂せず、常に平常心をもって対処する>というもの。某主力選手が『森保さんが感情的になったり、ブレたりすることは絶対にない。なので選手はサッカーだけに集中できる』と話していたが、あのメンタルの強さは、日本人指導者の中では出色といっていいでしょう」(地元関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る