一抹の不安も…“就任秒読み”森保新監督の武器は人の良さ

公開日:

 東京五輪世代のU―21(21歳以下)日本代表監督の森保一・日本代表コーチ(49)の次期日本代表監督就任が決定的となり、26日の日本サッカー協会(JFA)理事会で正式に承認される運びとなっている。

 この森保次期監督について、ロシアW杯メンバーが“ヨイショ合戦”を繰り広げている。

 24日、東京都内のイベントに出席したDF長友佑都(31)が「あんなに心が温かく、優しい人はいない。大きな力を持っている方です」と持ち上げ、続けて「呼んでいただけるのなら東京五輪に出て貢献したい気持ちはあります」と熱烈アピール。23日に所属クラブのドイツに向けて離日したDF酒井高徳(27)も成田空港で「サッカーに熱く、真剣に向き合っている。人間的にも素晴らしい」とベタ褒めだ。

「サッカー界の誰に聞いても『あんなに裏表のない正直者はいない。アイツが人の悪口を言ってるところなんて聞いたことがない』という答えが返ってくる。年下のスタッフや選手に対しても腰が低く、会話は基本的に丁寧語です。J1広島の監督時代、全体練習の最後に監督スピーチで終わるが、いつも締めの言葉は『しっかりと休養を取って下さい。お疲れさまでした』だった。試合の前日には『明日に向けて良い準備をして下さい。お疲れさまでした』となる。試合に負けて悔しくても表情には一切出さず、穏やかな物言いで試合を振り返る。森保さんのモットーは<試合の勝ち負けに一喜一憂せず、常に平常心をもって対処する>というもの。某主力選手が『森保さんが感情的になったり、ブレたりすることは絶対にない。なので選手はサッカーだけに集中できる』と話していたが、あのメンタルの強さは、日本人指導者の中では出色といっていいでしょう」(地元関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る