4連敗で広島と9ゲーム差 由伸巨人がすがる二軍の“松坂2世”

公開日: 更新日:

 巨人が4連敗を食らって借金2となった。

 24日、倉敷でのヤクルト戦に内海哲也(36)が先発。三回に山田哲に先制2ランを浴びるなど5回3失点で2敗目(3勝)を喫した。

 7連勝で乗り込んだ広島で3タテを食らったショックから立ち直れない。これで首位広島と9ゲーム差に開き、背後の3位ヤクルトに0.5差、最下位の中日にも3・5差に迫られた。連勝で一時は「2位独走」になったが、再び馬群にのみ込まれた格好だ。

 今年もリーグ優勝の奪回は難しそうだ。問題は3年契約最終年の高橋由伸監督(43)の続投ラインである。さるチーム関係者がこう言った。

「本来なら36歳の元左腕エースが谷間を埋めるように登板している場合ではない。だから二軍の有望株で高卒2年目の高田が、週末の中日戦で投入されます。仮にV逸しても、由伸監督は高卒4年目で22歳の岡本を4番に定着させた。来季に向けて、あとひとりくらい、投手でも野手でも、これといった若手を抜擢したい。昨季、ほぼ後半戦だけで6勝を挙げた新人の畠のような新鋭です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る