4連敗で広島と9ゲーム差 由伸巨人がすがる二軍の“松坂2世”

公開日:

 巨人が4連敗を食らって借金2となった。

 24日、倉敷でのヤクルト戦に内海哲也(36)が先発。三回に山田哲に先制2ランを浴びるなど5回3失点で2敗目(3勝)を喫した。

 7連勝で乗り込んだ広島で3タテを食らったショックから立ち直れない。これで首位広島と9ゲーム差に開き、背後の3位ヤクルトに0.5差、最下位の中日にも3・5差に迫られた。連勝で一時は「2位独走」になったが、再び馬群にのみ込まれた格好だ。

 今年もリーグ優勝の奪回は難しそうだ。問題は3年契約最終年の高橋由伸監督(43)の続投ラインである。さるチーム関係者がこう言った。

「本来なら36歳の元左腕エースが谷間を埋めるように登板している場合ではない。だから二軍の有望株で高卒2年目の高田が、週末の中日戦で投入されます。仮にV逸しても、由伸監督は高卒4年目で22歳の岡本を4番に定着させた。来季に向けて、あとひとりくらい、投手でも野手でも、これといった若手を抜擢したい。昨季、ほぼ後半戦だけで6勝を挙げた新人の畠のような新鋭です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る