• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4連敗で広島と9ゲーム差 由伸巨人がすがる二軍の“松坂2世”

 巨人が4連敗を食らって借金2となった。

 24日、倉敷でのヤクルト戦に内海哲也(36)が先発。三回に山田哲に先制2ランを浴びるなど5回3失点で2敗目(3勝)を喫した。

 7連勝で乗り込んだ広島で3タテを食らったショックから立ち直れない。これで首位広島と9ゲーム差に開き、背後の3位ヤクルトに0.5差、最下位の中日にも3・5差に迫られた。連勝で一時は「2位独走」になったが、再び馬群にのみ込まれた格好だ。

 今年もリーグ優勝の奪回は難しそうだ。問題は3年契約最終年の高橋由伸監督(43)の続投ラインである。さるチーム関係者がこう言った。

「本来なら36歳の元左腕エースが谷間を埋めるように登板している場合ではない。だから二軍の有望株で高卒2年目の高田が、週末の中日戦で投入されます。仮にV逸しても、由伸監督は高卒4年目で22歳の岡本を4番に定着させた。来季に向けて、あとひとりくらい、投手でも野手でも、これといった若手を抜擢したい。昨季、ほぼ後半戦だけで6勝を挙げた新人の畠のような新鋭です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る