4連敗で広島と9ゲーム差 由伸巨人がすがる二軍の“松坂2世”

公開日:

 巨人が4連敗を食らって借金2となった。

 24日、倉敷でのヤクルト戦に内海哲也(36)が先発。三回に山田哲に先制2ランを浴びるなど5回3失点で2敗目(3勝)を喫した。

 7連勝で乗り込んだ広島で3タテを食らったショックから立ち直れない。これで首位広島と9ゲーム差に開き、背後の3位ヤクルトに0.5差、最下位の中日にも3・5差に迫られた。連勝で一時は「2位独走」になったが、再び馬群にのみ込まれた格好だ。

 今年もリーグ優勝の奪回は難しそうだ。問題は3年契約最終年の高橋由伸監督(43)の続投ラインである。さるチーム関係者がこう言った。

「本来なら36歳の元左腕エースが谷間を埋めるように登板している場合ではない。だから二軍の有望株で高卒2年目の高田が、週末の中日戦で投入されます。仮にV逸しても、由伸監督は高卒4年目で22歳の岡本を4番に定着させた。来季に向けて、あとひとりくらい、投手でも野手でも、これといった若手を抜擢したい。昨季、ほぼ後半戦だけで6勝を挙げた新人の畠のような新鋭です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る