捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

公開日: 更新日:

「打力を買って起用しているんですがね……」

 古株の巨人OBが曇り顔なのは、20日の広島戦でスタメンマスクをかぶった宇佐見のこと。打席数が少ないとはいえ、この日は3タコで打率.125まで落ちた。

 スタメンマスクを争う小林と大城はともに打率.229。投手が打席に立つセは、捕手も打力を求められる。

 せめて2割4~5分は打ってもらいたい、というのが、首脳陣の本音だろう。3人とも決め手に欠け、「帯に短したすきに長し」といったところだ。

 早くもライバル球団からは、「巨人は例年通り、オフにFA選手をゴッソリ取りにいくだろう。渡辺さん(本社主筆)が先日、『もっと強化する。圧倒的に勝つようにな』と宣言しているしね」との声が聞こえてくる。

「捕手難が解消していないだけに、西武の炭谷も獲得候補だろう」とは、さるセ球団の編成担当。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る