捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

公開日:

「打力を買って起用しているんですがね……」

 古株の巨人OBが曇り顔なのは、20日の広島戦でスタメンマスクをかぶった宇佐見のこと。打席数が少ないとはいえ、この日は3タコで打率.125まで落ちた。

 スタメンマスクを争う小林と大城はともに打率.229。投手が打席に立つセは、捕手も打力を求められる。

 せめて2割4~5分は打ってもらいたい、というのが、首脳陣の本音だろう。3人とも決め手に欠け、「帯に短したすきに長し」といったところだ。

 早くもライバル球団からは、「巨人は例年通り、オフにFA選手をゴッソリ取りにいくだろう。渡辺さん(本社主筆)が先日、『もっと強化する。圧倒的に勝つようにな』と宣言しているしね」との声が聞こえてくる。

「捕手難が解消していないだけに、西武の炭谷も獲得候補だろう」とは、さるセ球団の編成担当。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る