“負のイメージ”なし 夏のトレード活性化に選手の心境変化

公開日: 更新日:

 夏の「人事異動」が活発化している。

 26日にはロッテの藤岡貴裕(29)と日本ハムの岡大海(27)、ソフトバンクの飯田優也(27)と阪神の松田遼馬(24)がトレード。今季開幕後から6つ目、そのうち5つが今月中に成立している。

 補強期限間際の「駆け込み」は、この時期の風物詩。とはいえ、過去10年間で2010年の「11」に次ぐ多さ。11年の「6」に並んだ(いずれもオフ期間を除く開幕から7月末までのトレード数)。

 日本のトレードは「放出」「戦力外」「余剰人員」というマイナスイメージが強く、アレルギーを示す選手も少なくない。特に、巨人や阪神などの人気球団の場合、そのブランドにしがみつく選手もいた。

 巨人の定岡正二は「『巨人の定岡』で終わりたい」と“最終学歴”に固執。近鉄へのトレードを拒否して29歳で現役引退した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る