巨人村田HCが明言の「捕手相性制」で小林に他球団が熱視線

公開日:

■ボーンヘッドはあるが球界随一の鉄砲肩

「捕手相性制」も、結果次第では組み合わせが変わっていくことも考えられる。小林はヒヤヒヤしながらの出場が続くことになる。そんな不遇な状況に、他球団から「もったいない」との声が続出している。セ球団の編成担当者がこう言った。

「小林はたまにボーンヘッドがあるけど、球界随一の鉄砲肩。盗塁阻止率うんぬんの前に、小林が捕手だと、どこの球団も盗塁を自重するケースが多いんです。なんといっても、昨年のWBCで侍ジャパンの正捕手を務めた男。この日対戦したDeNAも、オリックスから伊藤をトレードで獲得した。裏を返せば、どこも絶対的な正捕手がいない。捕手難なんです。小林は打てないというけど、阿部以来、強打の捕手なんてどこにも見当たりません。使わないなら欲しいですよ」

 このまま出たり出なかったりが続けば、このオフ、他球団からトレードの打診がひっきりなしに届きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る