巨人村田HCが明言の「捕手相性制」で小林に他球団が熱視線

公開日:

■ボーンヘッドはあるが球界随一の鉄砲肩

「捕手相性制」も、結果次第では組み合わせが変わっていくことも考えられる。小林はヒヤヒヤしながらの出場が続くことになる。そんな不遇な状況に、他球団から「もったいない」との声が続出している。セ球団の編成担当者がこう言った。

「小林はたまにボーンヘッドがあるけど、球界随一の鉄砲肩。盗塁阻止率うんぬんの前に、小林が捕手だと、どこの球団も盗塁を自重するケースが多いんです。なんといっても、昨年のWBCで侍ジャパンの正捕手を務めた男。この日対戦したDeNAも、オリックスから伊藤をトレードで獲得した。裏を返せば、どこも絶対的な正捕手がいない。捕手難なんです。小林は打てないというけど、阿部以来、強打の捕手なんてどこにも見当たりません。使わないなら欲しいですよ」

 このまま出たり出なかったりが続けば、このオフ、他球団からトレードの打診がひっきりなしに届きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る