八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

イニエスタ、トーレスはもちろん長崎の闘将バイスも期待大

公開日:

 W杯ロシア大会決勝でフランスが20年ぶり2度目の優勝を飾ってから2日後、J1リーグが再開されました。あのイニエスタが神戸に、あのフェルナンド・トーレスが鳥栖に新加入するなど話題に事欠きません。

 再開J1は、球際の激しさや攻守の切り替えの速さ、そして暑くても走り抜くスタミナなどがパワーアップ。素晴らしいゲームが続いています。

 神戸の場合、4年目のMF増山やルーキーMF郷家が、試合中にイニエスタから“学びながらプレー”しているのが印象的です。試合中、イニエスタから正確なパスが出てきます。これから点取り屋のFWポドルスキが復帰してきたら――。ワクワクしているのは神戸のファンだけではないでしょう。

 神戸の番記者が「練習場にも多くのファンが詰めかけている」と教えてくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る