菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

日本のプロは本場リンクスの戦い方を理解していない

公開日:

「下手にラフに入れるよりバンカーのほうがいい」

 日本ではよくそういわれる。

 日本のフェアウエーバンカーは浅いので、アゴの近くでなければ150ヤード以上の距離があってもグリーンを狙うことができる。ラフと違ってバンカーはボールのライがよければバックスピンがかかるので止まる球を打つことができるから「バンカーのほうがいい」というのだ。

 ところが、英国のリンクスはフェアウエーバンカーもみんなタコツボのような狭くて深いポットバンカーなので出すだけ。

 今年、全英女子オープンが行われたロイヤルリザム&セントアンズGCには174個のバンカーがあるという。これでも200以上あったのを減らしたというのだ。

 リンクスのコースにはどうしてこんなに深いバンカーがあるのか? コース内には大きな樹木がないので、ラフとバンカーで戦略性を高めるしかないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る