ついに辞任…山根会長“追放クーデター”の裏に女帝の裏切り

公開日:

 選手への助成金の不正流用や暴力団元組長との交際が明るみに出た日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が8日、大阪市内で会見し、「本日をもって辞任したい」と、終身会長を辞任する考えを表明した。

 日刊ゲンダイが6日発売の紙面で、「日本ボクシング連盟 山根会長を追放へ」「インターハイ後にも緊急理事会を招集して解任動議」と既報した通りのクーデターが起きていた。7日、日本ボクシング連盟が大阪市内で緊急理事会を開き、複数の理事が山根明会長(78)に辞任を迫ったのだ。関係者によれば、山根会長を含む連盟の32人の理事のうち約20人が造反。すべて山根派で固められていたはずの理事の半数以上が反旗を翻した。

 日刊ゲンダイが報じたように、「一部の理事が山根会長解任に動きだしたのは、岐阜でインターハイが開催されていた先週のことです。体調不良を理由にインターハイを欠席した山根会長が、各メディアの取材を片っ端から受けて持論を展開。元暴力団組長との交友を認めるなど、口を開けば開くほど疑惑を深め、新たな問題を浮上させてしまう暴走ぶりに、山根派の理事たちもさすがに頭を抱えてしまった。そこで、側近だった吉森照夫副会長をはじめとする一部理事が、ドンのいないインターハイに参加している理事たちから説得を開始した」(連盟関係者)というわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る