山根会長の“子飼い”…吉森専務理事が逆ギレ会見でドン擁護

公開日:

 2本目のテープで山根氏は「接戦した場合、やっぱり奈良やな」「反対に(審判が)つけた場合は、『おまえ、なめとるんか?』てなってくるわけ」などとドーカツまがいの発言を連発。誰が聞いても「はい、アウト!」の決定的証拠だが、この期に及んで、山根氏らをウルトラ擁護した人がいる。連盟の吉森照夫専務理事(73)だ。 

■東大卒の弁護士も山根氏の“忠犬”に

 吉森氏は「再興する会」が会見したわずか3時間後、都内で緊急会見。数々の疑惑について釈明し、ドンに勝るとも劣らない特異なキャラクターを見せつけた。

 時折、笑顔を見せながら、女帝の音声について、「彼女は非常にボクシングを愛している。私は辞めてもらいたくないと思っている」とした上で、「(音声は)世間話ですよ。ものすごい批判されるものではない」などと擁護。また、ドンの音声については、「軽率だと思う」と言いながら、辞任後もいまだ山根氏を「会長」と呼び、「子どもみたいなところがあるので、『奈良が勝ってくれるといいな』という願望をウッカリ言っちゃったのではないか」などと、まるで他人事の口ぶりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る